記事一覧

yum-update が正常に動作しません・・・・。

我が家のサーバーですが、とにかく台数が多い(21台)ので一々 yum update コマンドを使って手動でアップデート・・・・なんてことはしていません。セキュリティーホールには一刻でも早く対処したいのです。 
なので、標準でonになっている、yum-updatesd をそのまま使っていました。このプログラムはデフォルトで1時間に一度更新をチェックして自動的に更新してくれるプログラムです。

ある日、x-windows(startx)を起動すると「更新プログラムが31件あります」と・・・・   なんで?
タイミングが悪かったのかなーとか思いながらログアウトして1日放置しておきましたが、次にログオンすると、なんと更新プログラムが増えてます・・・・(@o@)?

そこで、一度下のコマンドを実行して再インストールしてみました。
[root@***** ~]# yum -y update ←とりあえずアップデート。
[root@***** ~]# /etc/rc.d/init.d/yum-updatesd stop
[root@***** ~]# chkconfig yum-updatesd off
[root@***** ~]# yum -y remove yum-updatesd
[root@***** ~]# yum -y install yum-updatesd
[root@***** ~]# reboot

 ※再起動後・・・・(念のため起動中メッセージを確認)
[root@***** ~]# /etc/rc.d/init.d/yum-updatesd start
[root@***** ~]# chkconfig yum-updatesd on


とりあえず、これで大丈夫かなぁ? と、思って3日後・・・・またアップデートが3件。
全然ダメだった。不具合が出たら即再インストールなWindowsとは違うところがあるので仕方がないですが・・・・。
僕には原因を確認する知識もありませんし、もし直せたとしても正常に動作することを確認するには次回のアップデートまで待たないとダメです。本当に気が遠くなるような作業になってしまいます・・・・。
僕がそんなことできるはずもなく、本当なら即OSの再インストールとなるところですが公開サーバー+FTPなので今回は下のコマンドで yum-cron をインストールして様子をみることにしました。
ちなみに、yum-cron はデフォルトで夜間に更新プログラムを確認&インストールします。OSのインストール後にyum-cronをインストールする人も多いみたいですが、僕は yum-updatesd 派です。
公開サーバーは夜間にアップデートで失敗すると昼間より多くの利用者に迷惑がかかると思うし、昼にできるアップデートまで夜に回す必要はないと思うからです。(我が家のサーバーの場合はそこまで利用者がいないのですが・・・・・)
[root@***** ~]# /etc/rc.d/init.d/yum-updatesd stop
[root@***** ~]# chkconfig yum-updatesd off
[root@***** ~]# yum -y remove yum-updatesd
[root@***** ~]# yum -y install yum-cron
[root@***** ~]# /etc/rc.d/init.d/yum-cron start
[root@***** ~]# chkconfig yum-cron on

とにかくこれでしばらくやってみます。

あと、今回からできるだけ使ったコマンドを書くようにします。

【追記】
しばらくやってみましたが、アップデートはあれからありませんでした。成功です。

docomo xi(クロッシィ) 契約!!

しばらく更新していませんでしたが、僕が通っている学校の文化祭の準備で忙しかったのです。僕が所属している生徒会の委員会(校内新聞作成)などの仕事も最終的に僕にパソコン作業が回ってきてしまうので大変でした。

とにかく少し前にxiを契約したのです。
今までb-mobileの980円SIM+docomoのL-05Aを使っていたのですが、スマートフォン3台+iPadで十分になったのと100kbpsという速度が遅すぎてブログ更新用くらいにしか使えないし写真をブログにアップロードするなんて論外の遅さでした。なので実際には今まで5回ほどしか使っていませんでした。

それなら、本当に使いたいときだけ普通に使えるようにしようということで変えたのです。xiはキャンペーン中で月最低1000円からどんなに使っても5000円くらいまでということでした・・・。
実は、まだLTEが使えるのは東京や大阪などなので超田舎に住んでいる僕はまだ意味ないことになります。(長野県の長野市や松本市などでも12月からだし・・・・)
でも2年後にはどうなるかわからないし、普通のFOMAと料金的にも変わらないし、FOMAを使えるということなので2年後までには僕の住んでいる地域までエリアが拡大することに期待してxiにしました。

機種はWi-Fi対応の機種とUSBモデムの機種とPCカードスロットに取り付けるタイプがありましたが、家のバックアップ用としてRTX1200を購入して取り付けられるようにとか考えてUSBタイプのL-02Cにしました。
ファイル 70-1.jpg
↑L-02Cシルバー

一緒にパソコンも41500円引きしてもらったのですがそのことは次回書きます。

当たり前ですが普通に使えます。今はまだFOMAエリアなので速度計測はしてません・・・・。(FOMAエリアは何回もやったことあるので興味ありません。)

ちなみに、xiはSIMカードも変更されています。赤色になっていて端末とSIMカードは両方とも互換性はないみたいです。(L-02CではFOMAカードも使えるみたいです。)
ファイル 70-2.jpg
ファイル 70-3.jpg
↑左がxi、右がFOMA です。

Windows 8

3日前から開催されているMicrosoftのイベント//BUILD/windows では、次世代Windowsのwindows8が公開されました。
それに合わせて開発者向けにこのサイトで公開されていました。

ちなみに、Windows Developer Preview というタイトルで公開されています。 正式な名前は決まってないのでwindows8とは書けないのだと思います。

早速、ダウンロードしてみました。僕の記憶が正しければMicrosoft はWindows7が最後の32bitOS と言っていたはずですが、なぜかwindows8(Windows Developer Preview)の32bit版も公開されていました。

早速、インストール! ・・・と思ったら空きパソコンがなかったです。 実験機は別の用途で使用中だし、サーバー機は出力可能解像度が足りないし・・・。
結局、しばらく使わずにルーターの下に放置してあった DynaBook を使うことにしました。 次に、HDDを交換・・・ と思ったら使ってないHDDがない!!(涙)  しばらく前にパソコンを修理した時に使ってしまったのを忘れてしまいました。
仕方がないので、今あるHDDのパーティションを縮小して使うことにします。。。  本当は安定してないOSの安定してない(可能性がある)ブートローダーをMBRにインストールしたくないのですが、今回は他に手段がないので・・・・・

ってことで用意できたパソコンは、
TOSHIBA DynaBook TX/98MBL
CPU→第1世代 Core i7 740QM 1.73GHz(2.93GHz) 4C/8S
MEM→BUFFALO D3N1066-4GX2/E DDR3-1066 4GB×2=8GB
GPU→NVIDIA GeFoce GTS350M 1GB
HDD→5400rpm 640GB (windows8用に100GB割り当て)
です。 (メインマシンより高性能。。。)

早速、DVDを焼いてインストール。インストール画面はwindows7やVistaとほとんど同じなので省略します。最初50GBを割り当てたのですが、エラーが出てしまいました。100GBに変更するとインストールできました。

インストール&初期設定が終わるとスタートメニューが表示されました。
ファイル 69-1.jpg
ファイル 69-2.jpg
初期設定の時にWindows Live のアカウントと同期させるように設定できます。そしてそのアカウントのパスワードでログインすることになります。

英語版なのでまだ日本語表示が完璧ではなかったり温度が華氏表示だったりしますが、一応日本語も使えます。
あと、ログイン・ログオフの時に固まることがあります。

最後に、YouTube に動画をアップロードしてみました。


追記
MetroアプリはAppStoreのような配布をするみたいです。

LANケーブルの実験。

暇だったので手元にあったLANケーブルのあまりで実験してみました。
LANケーブルは2本の線がねじれててノイズを吸収しているということは有名ですが、端子を成端するときに一番面倒くさいのがこのねじれをを直すことです。 しっかり戻しておかないとプラグに差し込んだ時に順番が逆になってたり・・・・ 急いでるときに限ってなぜかよく逆になります。
なので本当にLANケーブルが「より線」である必要があるのか試してみました。
ファイル 68-1.jpg
こんな風に作ってみました。
カバーを完全に取り除いて中の細い8本の線をねじってあります。
通信にねじれが関係なければこれでも使えるはずです。
(なぜ1本1本バラバラにしなかったかというと、面倒くさかったからです。)

結果、全く使えませんでした。LINKもしません。。。

カウンターが動作していません。

しばらく前に設置したカウンターですが、なぜか正しく動作してないようです。 時間があるときに修正するのでしばらくは気にしないでください。