記事一覧

サーバーを変更しました。

今までこのページを配信してたのはお名前.comのレンタルサーバーだったのですが、ディスク容量が120GBと大容量だったし、速度はかなり早かったので良かったのですが月額1500円という料金が20MBしか使ってないのに意味ないという結果になったので、SakuraInternet のレンタルサーバーに変更しました。

というわけで、DNSサーバーをサクラインターネットに変更しました。
なので昨日午後1時頃から旧サーバーと新サーバーが混在していたのでメールの受信ができないでいました。 ごめんなさい。

で、新しいレンタルサーバーはかなり使いやすいです。月額125円という安さで、サーバーのスペックが表示されます。
スタンダードプランからはSSHでログインもできるみたいです。

ちなみに今回割り当てられたサーバーは、
CPU→Intel Xeon E3110
MEM→3.25GB
OS→FreeBSD 7.1-RELEASE-p15 i386
でした。

速度的にも、容量的にも十分満足です。SSHでログインできるということはセキュリティ的には少し不安ですが・・・・・
もうちょっと拡張したらVPSも試してみたいなぁ。。。

サーバーのメモリ増設!

しばらく前に買った HP ProLiant ML110 G6 ですが、標準構成で、
CPU→Celelon G1101 2コア2スレッド
メモリ→DDR3 SDRAM ECC 2GB
HDD→SATA 7200rpm 160GB
というかなり仮想化するには役不足なサーバーでしたが、その後xeonというサーバー向けの超高性能CPUに換装しました。
でもメモリが2GBしかないと、ホスト(512MB)+ゲストOS(512MB)×3位しか稼動できないです。
当然、Windowsなんて、無理の10乗です。

ってわけで4GB×2のメモリをパソコンのパーツショップに行って買いに行ったのですが、ECC非対応メモリだったことと純正メモリじゃないので、試しに1組買って試してみました。
そして無事、動いたので「それでは残りの5組を買いに行こう」と思ったときには、僕の財布の中は0円だったのです。

そして今日、買いに行くことができました。
・・・・・まだ行きの電車の中です。帰ったら続きを書きます。

13:43 追記
買いました。8GB(4GB×2)を5個も!!
ファイル 54-1.jpg
合計40GB 今搭載しているメモリとあわせて58GB!!!!
これで仮想サーバーいっぱい動かせます。
でも、そんなにいっぱい動かしても使い道がない。。。。
4GB×3で十分だということをいま気がついたのでした。。。。
とにかく帰ったら試してみます!

16:59 追記
無事、帰宅して現在稼働しているLinuxサーバーに差し込んでみました。すでに差し込んであった4GBのメモリ2枚の下に差し込んで起動すると、なぜか起動ロゴで止まってしまいました。
・・・・・一瞬非ECCメモリの4枚差しはダメなのかとかと思ったけど、2分くらいたつと動き出してくれたのでよかったです。
(後で調べたら、メモリカウントに時間がかかってるみたいです。)

ファイル 54-2.jpg
ちゃんとxenでも認識してます。 ちなみに、xenはi386でも4GB以上認識するみたいです。
これからは消費電力が特に気になります。メモリだけでも初期構成の4倍の電力を使うことになりますから・・・・。
次回は電力チェッカーを買って測ってみたいと思います。

Willcom解約、Xperia 購入!

いや、別にPHSに不満があったにではありませんョ。
普段は学校に行ってるし、使うのはほとんどが平日2~3分と後はほとんどが土曜日・日曜日くらいなので待ち受け時間がかなり長いのでとても便利でした。1週間に1度充電すれば十分なくらいでした。確かに、ショッピングセンターとかの中ではつながらなかったり、移動しながらなど電波状況が変化するとラジオのような雑音が入ることがありますが特に気にしてませんでした。
一番は、「誰とでも定額」です。すでに、iPhoneを持っていた僕はソフトバンクの「無料通話分なし」に不満を持って、買ってもらったのです。それからは通話時間を気にすることもなく通話できる環境ができて満足、そして得をした気になっていました。。。

それから5ヶ月後、うちではiPhone以外の通信費はすべて僕が支払うことになっているのですが、その月はいつもとは少し請求金額が違っていました。僕は通話しか使ってなかったのでいつも請求は同じなのですが・・・・
とにかくオンライン請求案内をみるとwillcomキャンペーンに応募した時の通信料だったのですが、ついでに通話時間をみると1カ月で約30回。思ったより少ないです。
「ドコモを契約して無料通話分の方が安いかも。」と思って調べてみるとやっぱりそうみたいなので、willcom storeに行って違約金を聞くと、なんと機種代約35000円+違約金約10000円で合計45000円!高い!!
でも解約したい。無駄金払ってるし、断然docomoの方が将来的にも良いし。
そこで僕の財布をみると14000円がありました。そして親が支払い保留中だった金が12000円。あと、元々親が2年間で払うはずだった機種代金の残り15200円。で合計41200円。残りの金額は親からの借金で・・・・。解約。
↓5カ月で役目を終えたWX340K君。。。
ファイル 53-1.jpg ファイル 53-2.jpg

解約の後、親から「タダほど高価なものはない。」って言われました。いつもなら反論するのですが、今回はできず・・・・。

その後、当然docomoショップに行きました。
今回の目的は、普通の携帯ですが実際見てみるとスマホより高い! 普通に6万円とか・・・。  無料のもありましたが、家庭教師が同じものを持っているので混ざると大変なので却下。
ドコモの店員さんは、ソフトバンクがスマホで・・・・(以下略)
というわけでかなり値引きがあるそうです。

結局、xperia arc を選択。acroもありましたが、高いし重くて使いにくそうだったので。契約した後に、すでに持っているMEDIASの料金プランを変更してもらいました。

↓Xperia arc
ファイル 53-3.jpg

↓僕の持っている携帯電話。
ファイル 53-4.jpg
 左からiPhone、MEDIAS、Xperia arc です。

使ってみた感想としては、かなりサクサクと動いてバッテリーの持ちがMEDIASよりかなり良いです。デザインも、MEDIASより上なので今後はxperiaが一番使うようになりそうです・・・。

全く使えない Windows SBS 2011 。。。 (成功編)

前回、仮想PC上でインストールしようとして失敗してしまいましたが、それならサーバー専用機にインストールしよう! ってわけでやってみました。
(画面キャプチャができないので写真を撮影しました。あまり写真が鮮明じゃないです。ごめんなさい)

今回使ったサーバーは、
CPU→xeon x3450 2.53GHz 4コア8スレッド
MEM→DDR3 SDRAM 8GB
HDD→7200rpm 160GB ×2
という、普通に見ればHDD以外、かなり高性能なサーバー機ですが、MSのWindowsSBS のページを見ていると推奨スペックのところになんと、CPU→最小: 1 ソケットにつき、2 GHz 64-bit (x64) 以上のクアッド コア 、MEM→最小: 8 GB,推奨: 10 GB 。ぎりぎりのスペックです。   ・・・・なんで? 普通、サーバー自身は高性能を要求されるけどそれはサービス(デーモン)が働いているからであって普通はOS自身にそんな高性能は要求されないし・・・・・。

インストールCDを作ろうとすると普通のDVDでは入らない!!2層のDVD+R DL 挿入するとできました。ずいぶんめんどくさいなぁ。。。Windows7でも3.5BGくらいなのに、WinSBSになったらいきなり6.8GBにも大きくなるなんて・・・・。

とにかくインストールを開始してみると、約30分もかかりました。そして再起動後には更新プログラムのインストールとかで約2時間も待たされました。。。その間は何もできません。。。
そして再起動。 起動に10分かかる。。。  ホントにこれってサーバー製品なの?

管理は、下のようなパネルから簡単にできます。
ファイル 52-1.jpg

しかし、起動直後でメモリを4GBも使っていました。そして、約10分後、8GBあったメモリを使い果たしてスワップを始めてしまいました。。。
ファイル 52-2.jpg
サービスを動作させるスペースもなくなってしまいました。調べてみるとSQL(データベース)プロセスが大量のメモリを食ってることが判明しました。が、とめるわけにもいかず・・・・。インストール後、全く設定変更・インストールしてない状態でこういう状態です。
とにかく、基本的なサービスも動かないサーバーなんてサーバーの意味ありません。サーバーOSとして完全に失格です。

なんか壮大な失敗作の予感がするのは僕だけでしょうか?

全く使えない Windows SBS 2011 。。。 (失敗編)

ファイル 51-1.jpg

しばらく前に、発表されたWindows Small Business Server 2011 ですが、評価版がダウンロードできたので早速試そうとしましたが、Oracle VM VirtualBox で実行しようとすると・・・・
ファイル 51-2.jpg
64bitCPUが必須みたいです。。。

なので設定をかえて64bitCPU対応にすると・・・・
ファイル 51-3.jpg
なぜ?? なんで起動できないの?
その後、色々試してみると、設定で「IO APCI」という項目にチェックを入れないとだめみたいです。。。
ちなみに、「IO APCI」とはIOの割り込みコントローラーです。なんでIO割り込みコントローラーが関係するのかなぁ?

そして・・・
ファイル 51-4.jpg
起動成功(^^)v

その後はディスクパーティションの設定や、ライセンスの同意などをしてインストールが開始して約2分後.....
突然!ホストマシンが強制終了してしまいました・・・・
ちなみに、書いている途中のブログも消えてしまいました(涙)

あまりショックの大きさにもう一度やってみる元気はないのでまた次回、別の方法でやってみたいと思います。。。